メルスト攻略「属性係数について」

13-1

メルクストーリアだけじゃなく、スマホゲームではユニットの属性ごとに相性があるのがもはや定番になっていますよね。
その相性は戦闘時に非常に重要になってくることはもちろんのこと、パーティー編成やシナリオ攻略にもかなり深く関わってくることになります。

ですがメルストに関して言えば、”火は水に弱い”など漠然とした感じではなくて、各キャラごとに属性の相性が数値化されて細かく設定されています。
他のゲームと違って細かい上にちょっと掴みづらい点もあるので、最初はなかなか理解ができないかもしれません。

ここではその属性の相性を数値化した”属性係数”について解説していきたいと思います。
コツがわかれば簡単なんですが初心者にはなかなか難しいかもしれません。

13-2

まずは各ユニットのステータスを開いてみましょう。
今回は光属性のユニット”[見習い槍使い]シエット”を例にしてみましょう。

普通光属性と言えば、闇属性に強く光属性に弱い、といった特徴がありますが、メルストではそう簡単にはいかないんですね。
ステータスを見ればわかりますが、むしろ炎と風と水に対して若干低めの属性係数が設定されています。

この場合ですと、光属性に対しては通常ダメージ、闇属性に対しては1.5倍のダメージ、それ以外の属性には89%までダメージを減らされてしまうんですね。
また光属性のユニットが全員こうなのかというとそうではなく、各ユニットごとに属性係数の振り方は様々で、各ユニットのステータスを見てみるまではわからないんですよね。

13-3

また属性の相性と言えば敵との相性ばかり気にしてしまいがちですが、ここで重要になってくるのが回復タイプの属性係数。
回復タイプは味方にしか攻撃(回復)しないので設定されている属性係数もすべて味方に向けたものになるんですよね。

このユニット”[秘する守人]フェズ”を例にしますと、炎属性と水属性に対しての回復力が高めに設定されています。
つまりこの場合、炎属性と水属性に対しては回復量がアップし、それ以外に対しては通常の回復量になるということですね。

なかなかシナリオがクリアできなくなってきたら一度この属性係数を見直してみてください。
強力なユニットだと思ってパーティーに入れていたら属性係数のせいで力を発揮できていなかった・・・なんてこともあるかもしれません。

というわけで今回は属性係数について解説してみました。
メルストプレイヤー、とくに初心者のみなさんはよくチェックしてメルスト攻略の参考にしてくださいね。

コメントを残す